忍者ブログ
カナダのオンタリオ州ハミルトン市よりお届けしています
| Admin | Write | Res |
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
HN:
Yoshie
性別:
女性
職業:
ヴィンテージ雑貨店店主
趣味:
ヴィンテージ雑貨収集、アンティーキング、ガーデニング
自己紹介:
カナダのオンタリオ州ハミルトン在住。
だんな(夫・カナダ人)とJ.C.(息子 15歳)とAngie(猫 16歳)と暮らす。

アンティークやコレクティブルズについては、ショップブログに記事を書いています。

ご質問やお問い合わせはこちら
Comments
[11/17 けいちゃん]
[10/31 慶ちゃん]
[09/14 けいちゃん]
[07/25 慶ちゃん]
[07/14 けいちゃん]
[06/28 けいちゃん]
[05/10 けいちゃん]
[04/08 けいちゃん]
[03/30 けいちゃん]
[03/29 けいちゃん]
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター

私が住む市にはなかなか良い美術館があって、そこで去年の11月からセザンヌ展をやっていた。
行きたいと思いつつ先延ばしになり、とうとう迎えた最終日。
それが先週の日曜日だったのだけど、みぞれが降った後のとても寒い日。
できるなら、家でまったりしていたいような日。

でも、これを逃したら見れない!
と、だんなを連れて見に行ってきた。


以前はメンバーだったのだけど、結局メンバーである1年間で行ったのは最初の1回だけ。
だんなはイベントで年に1度は来ているけれど、私はこれが2度目。

セザンヌ展が開かれていたのは、2室。
日本の西洋美術館なんかで開催されるものと比べたら、それはそれは小規模なんだけれど、セザンヌの絵を間近で見れる機会はそうそうない。

最終日とあって、こんな日にも関わらず結構人が来ていた。
とはいえ、小規模。
絵の真ん前に立ち止まって、じーっくり見ることができたので満足。
(混んでる美術展って、人の肩越しに見るだけになりがちだから)
ゴッホの絵も1枚あった。

常設展もなかなか面白いものがあるので、これで$10なら元取った!って感じ。

美術館の入口のところには小さなビストロがあり、お茶ができたりランチが食べられる。
ハイティー(3段のプレートにサンドイッチ、スコーン、ケーキがのっかってくるやつ)をしてる人もいて、
「え!?ここでハイティーができるの?」
とメニューを見てみると、おひとり様$24だった。
たぶん来れないだろう(笑)。


入口の壁1面にあったポスター




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
眼福と口福
行こうと思ってなかなか行けない美術館。
私も行こうと思って終わってしまって見逃してばかりです。美術館堪能してハイティーなんて優雅な午後を過ごしてみたいな〜
けいちゃん 2015/02/11(Wed)13:30:19 編集
Re:眼福と口福
けいちゃん

そうなんだよね。
美術館とかって、後回しになっちゃう。
今回の私がいい例。でも、がんばって最終日に行った甲斐がありました。

美術館にカフェが併設、っていいよね。
私が行ったところも美術館自体そんなに大きくないし、ビストロもビストロというけれどもカフェテリアって感じの小規模なもの。
通路に出ている二人掛けのテーブルで、みなさんハイティーしてました。

Yoshie
【2015/02/11 22:16】
<< また雪  │HOME│    寒波 >>

[1118] [1117] [1116] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109] [1108]
designed by Himawari-you * phot by Art-Flash
忍者ブログ [PR]