忍者ブログ
カナダのオンタリオ州ハミルトン市よりお届けしています
| Admin | Write | Res |
Calender
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yoshie
性別:
女性
職業:
ヴィンテージ雑貨店店主
趣味:
ヴィンテージ雑貨収集、アンティーキング、ガーデニング
自己紹介:
カナダのオンタリオ州ハミルトン在住。
だんな(夫・カナダ人)とJ.C.(息子 15歳)とAngie(猫 16歳)と暮らす。

アンティークやコレクティブルズについては、ショップブログに記事を書いています。

ご質問やお問い合わせはこちら
Comments
[05/23 けいちゃん]
[03/02 けいちゃん]
[02/10 けいちゃん]
[01/30 けいちゃん]
[01/11 慶ちゃん]
[01/03 けいちゃん]
[12/12 慶ちゃん]
[11/17 けいちゃん]
[10/31 慶ちゃん]
[09/14 けいちゃん]
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
アンティークモールにブースを開いてから1年が経った。
毎月赤字を出さずにやってこれたので、まだ続けるつもり。
冬はどうしてもお客が少なくなってしまうから、売り上げも伸びないのだけど
それでも一応、レントを払っても手元に残るくらいの売り上げはある。

さて、今日は友達とランチ♪
お昼の、たったの1時間そこそこだけれど、ちょうど仕事も一段落、楽しんで来るー。



今はこんな感じになってます
PR
先日、お宝探しにスリフトストアに行った時、こんな良いものを見つけた。
P9306369.jpg
Royal Worcester Evesham Gold Mug

 
カナダに移住してきた時、さて食器を揃えようとトロントにある洋食器専門店(ポピュラーなので日本人にも人気)へ行った。
何度も何度も店内をぐるぐる回り、あれがいい、これがいいと思案した結果、選んだのがこのシリーズ。
ウェッジウッドやリチャード・ジノリなんかと比べるとかなり値段もお手頃だったのが理由の一つ。
実は、結婚する時、引き出物にと考えていたものの一つでもあった。
(結局は誰にでも使える、シンプルな白のジノリになったが)

それで、カップ&ソーサー、ディナープレート、サラダプレート、ケーキプレートそれぞれ8人分のセットを買い、おまけでスーププレートが8枚ついてきた♪

そうしてこれが我が家のおもてなし食器になったわけだが、その後、オーマがあれやこれや同じシリーズのものを探しては買ってきてくれたので、今では相当な数が揃っている。
オーブンにも使えるので、角型のキャセロールはラザニアに重宝しているし、結構出番が多い。

アンティークショップでも良く見かける。
1961年に発表され、未だに親しまれているというこのシリーズは、アンティークショップで探せばビンテージ品であることも。

私が良く行くスリフトストア(V.V.など)では、これほどまでに名の知れたシリーズであっても、意外と安く売られている。
実はこのマグ、4個で$5.99だった。
新品同様のコンディション♪
カップ&ソーサーでは少し堅苦しいかな・・と言うようなお客の時や、普段使いにちょうど良い。

 
ハミルトン市のはずれにあるFreelton Antique Mallに、ブースを出しました。
ブースとしては一番規模の小さい場所ですが、とりあえずミニマムの4カ月だけでもと思って。
ちょっと大きめの物、日本では送料がかかってしまったりして売りにくい物、複数在庫がある物などを中心に、揃えています。

最初の1か月は「売れなかったらどうしよう?」、「売れてもブースのレント代を越えなかったら赤字・・」と心配しましたが、なんとかそれもクリア♪
今は、新たにアンティーク発掘の毎日。

P3012960-2_edited-1.jpg

 
大変なことは特にないのですが、始めてみると意外と物が少なかったり、ラックもシェルフもないところからのスタートだったので、間に合わせで調達。
同じように品出しに来た別のブースのオーナーに質問したり情報交換したり。
そういうのも楽しかったりして。









 
この猫さんが
P9210874.jpg
骨董ジャンボリーで買った招き猫
 
先々週割れてしまった。
片腕が、しかも招いている方の腕が割れてしまった。

アンティーク家具をベースメントに運ぶ途中、だんなの肘が当たってまっさかさま。
あ~あ・・・・・。

とりあえず、大きな破片3つ位に割れたので、なんとかくっつけることはできそうだけれど、とてもとてもがっかりしたので、見るのも可哀そうでまだ何もしていない。

「いくらしたの?また買ってあげるから・・」
そう言われたけど、そう簡単に買えるものじゃない。
古いものだから(アンティークとまではいかないけれど)、これだって見つけるのが大変だったの。

早速、某ネットオークションサイトを覗いてみたけれど、やっぱり似たようなものはなかったな。
 

ここの所、週末になるとお天気が崩れて、なかなか予定通りに行動できない。
先週も、今シーズン初日となるアンティークマーケットに雨のせいで行けなかったし、チューリップを見にRBGにも行けなかった。
今週もお天気はよくない。
けれど、
曇り時々晴れ、雷雨の恐れあり、午後から天気は下り坂
という昨日の土曜日は、予定通り、Aberfoyle spring antique showに行ってきた。
普段は毎週日曜日に開催されるマーケットだが、昨日は春と秋に開催されるイベントの一つで、普段より店も多い。
 

P5011479.jpg
ここは屋外型のマーケットだから家具も多い とりあえず値引き交渉するべき
 

出店は殆ど昨年から変わってないので、大体どの店に何が置いてあるのかはわかる。
ちょっと値段が高くなったかなーと言うものもあれば、ずっと目をつけていた品物が安くなっていたり♪
コーヒーを飲みながら、ゆっくりと品定め・・・
と行きたい所だったが、生憎この日はJ.C.も一緒だったし、雨が降りそうな気配もあったのでそこそこに。
曇り空だが気温は高く、午前中でも20℃くらいはあったから助かった。

今回、大活躍してくれたのがこちら。
実は、ネットショップでお買い物してくれたお客様がハンドメイド作家で、今までに製作されたアイテムの中からとても興味魅かれるものがあって、「同じものを作ってください」と頼んだもの。

 P5031519.jpg
ドイツ語で、「ママ株式会社 営業時間 年中無休!」と書いてあります

この麻のバッグに、Fire-Kingの5コンパートメントプレートと、マグが2個、ソルトシェイカー1個、Pyrexのレフケースが1個入ったがまだまだ余裕♪
まさにアンティーキングに持って来いの、優れ物。

ネットショップを通じて知り合いになれたのも嬉しいことだし、お気に入りの物にふとしたことで出会えたのも嬉しい。
しかも、それが手作りならなおのこと。

designed by Himawari-you * phot by Art-Flash
忍者ブログ [PR]