忍者ブログ
カナダのオンタリオ州ハミルトン市よりお届けしています
| Admin | Write | Res |
Calender
01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Profile
HN:
Yoshie
性別:
女性
職業:
ヴィンテージ雑貨店店主
趣味:
ヴィンテージ雑貨収集、アンティーキング、ガーデニング
自己紹介:
カナダのオンタリオ州ハミルトン在住。
だんな(夫・カナダ人)とJ.C.(息子 15歳)とAngie(猫 16歳)と暮らす。

アンティークやコレクティブルズについては、ショップブログに記事を書いています。

ご質問やお問い合わせはこちら
Comments
[02/10 けいちゃん]
[01/30 けいちゃん]
[01/11 慶ちゃん]
[01/03 けいちゃん]
[12/12 慶ちゃん]
[11/17 けいちゃん]
[10/31 慶ちゃん]
[09/14 けいちゃん]
[07/25 慶ちゃん]
[07/14 けいちゃん]
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
今週はまた寒くて、月曜日に雪が降り(15㎝積もる)、水曜日に雪が降り(15cm積もる)、積もった雪が溶けないままに今日金曜日も雪。。。。
寒いし。

+++

去年帰国したときに買ってきた、足の角質をとるパック。
ずいぶんと前からあるし、うわさには聞いていたけれど、使ったことがなかったので買ってみたのだった。
しかも100円ストアで(100円じゃなかったけど)。
こんな安物で効果があるのか?
しばらくしまったままだったのを先日見つけ、今週、プールから帰ってきた後(足がふやけた状態)でやってみることにした。

パッケージを開けて、足それぞれに装着。
どのくらいやるのかな・・・とパッケージ裏を見てみると
1時間⁉
早く見ておけばよかった!
1時間もこのままでいなくちゃいけないの。
出かける予定がなくてよかった。仕方なく、PCの前に座り、あれこれ1時間。
そして取り外し、洗い流す。

3日後くらいから皮がぽろぽろと剥け始め、1週間後くらいにはベロンと剥けるそうで。
まぁ200円だし、ここまでやったらあとは待つだけだし。

と、2日後の今日。
スイミングを終えたあと、ジャクジーのところでプール友(じーさんばーさんがほとんど)とお話ししているとき、何気なく足裏を触ったら、ぽろぽろと剥ける感覚。
ここでぽろぽろしてはいかん!と、我慢して、シャワーの後に足裏を見てみたら白くなっているところがある。
変化あり!
凄いなぁ・・・。
今度また、買ってこよう!

今年は6月に帰国することになり、途中からJ.C.とだんなが合流。
楽しい夏休みになりそうです。


昔はこの駅に立つことが嫌だったけど、今はただただ懐かしい



PR
今日も寒い。
朝の気温、-15℃。
日中の最高気温は-9℃という予報だとだんなに伝えると
「そんなに寒くないね」って・・。
麻痺しちゃってるね、もう。十分寒いと思うけど。

さっき、メールボックス(30mほど離れている)まで郵便物を取りに行ったら、それだけで凍えた。

+++

最近、ちょっともめているドイツ行きの件。
なんでも、お骨を持って国境を超えるということは大変なんだそうで。
お骨にはきちんと死亡証明書やら、どこの葬儀屋で火葬したかとかいう書類は全てついているのだけど、それだけではなく、行先の国の法律やらなんやらに左右されるらしい。

持って行ったはいいが、持ち込んではいけないものだったら大変なことになるので。

そんなことはもうすでにクリアにしてあって、その上でチケットを取ったのかと思いきや、だんなが数日前にドイツに住むいとこに電話したところ、翻訳付きの火葬証明が必要だとか言ったところから問題が始まった。
このいとこ、実は「おくりびと」だった人で、地元の葬儀屋や葬儀関係は詳しい。
海に散骨する今回の儀式も、彼が手配してくれることになっている。

けれども、PCを使わない人らしく、メールアドレスを持っていない。
つまり、連絡は電話だけとなる。しかも英語はほとんどしゃべれないからドイツ語。

もっと頻繁に話し合えばいいのになと思うのだが、時差もあるしそうもいかず・・。だんなも一応ドイツ語は話せるけれども完ぺきではないし、電話の度に汗かいてるみたいだし。

まぁ、私は口出しできる立場ではないので、黙ってみているけど。どうなることやら・・・。

+++

フルーツサラダを作った。
プレーンヨーグルトとホイップクリームを混ぜ、そこに刻んだフルーツを入れて混ぜるだけ・・という簡単なものだけど、ホイップクリームを作るのは面倒。
カロリーも高めだしね。

今回、チーズケーキ用に買ったクリームの賞味期限が迫ってきたのと、なんか無性に食べたかったのでササっと作った。
キッチンエイドのミキサー様さま。今回も大活躍♬
今までは電動のハンドミキサーを使っていたんだけど、それでもジーっと持っていないといけないし、それなりの時間はかかっていたのに、スタンドミキサーの威力はすごい!
あっという間に角が立つ♡


フルーツサラダを食べると、給食を思い出す・・・



風邪で辛いのは、夜眠れないこと。
幸い、今回の風邪はよく眠れた方だった。
風邪の夜の味方を、ひどかった日の3日続けて飲んだ。


風邪の夜のお供、Neocitran

粉末をお湯に溶かして飲むだけ。
体も温まるし、甘いレモンの味が喉にもいい。
睡眠作用があるので(ないタイプもあるらしい)、これを飲むとすぐにとろとろと眠くなる。
癖になる薬♪

そういえば。
日本に居たときにこういうタイプの薬を飲んだけど、あれはまずくて飲めなかったー。
良薬口に苦し、とは言うけれども、あれでは飲み切れたものではない。
熱いし、一気に飲むものではないから、ある程度は味わえないと途中で嫌になってしまう。

++++

J.C.は昨日まで期末試験。
試験は4日。1教科ずつ。
先週の木曜から始まったが、調子が悪かった私にとってはランチを作る必要がなかったのでちょうどよかった♪
昨日晴れて試験も終了。
今日は友達グループと焼肉食べ放題のレストランにランチを食べに出かけて行ったよ。

ハイスクールは、2日の休暇のあと、金曜日から後期が始まる。
早いもので、あと1年と半分でハイスクールも卒業。

まさかの、風邪二度引き。

というか、最初のが治っていなかったのか。

先々週、鼻がずるずる、くしゃみの連続。
これは風邪だとゆっくりと過ごし、
「おかしいなぁ、いつもならマイルドながらものどの痛みや咳も出るのに・・・」
と思っていたが、回復に向かっていたので安心していた。

そしたら先週の月曜、ちょっと喉がイガイガし、体がだるいなぁと思いつつも火曜にはプールには行けた。

水曜の早朝、急に喉が痛痒くなって咳き込み、それがもう、オエッと吐きそうになるくらいの咳き込み様。
それが止まらなくて、朝っぱらからゲホゲホ、涙目。

体は重く、ベッドに戻り、1日何にもできなかった。
幸い、熱はなく、夜にはよくなってきたので、明日は出かけられるかなぁ・・。

木曜日にナイアガラに行く予定を立てていたので、風邪がひどかったらキャンセルになるところ、木曜の朝は体も軽く、咳も止まり風邪が抜けたようだったので出かけたのだった。
1日眠気はあったものの、普通に過ごせていたのに・・

金曜日にまた風邪復活。
体のだるさに加え、お昼前には熱が出始めた。
久しぶりだなぁ、熱。

熱もそんなに高くなく、37.4℃をピークにその日の夜には下がったけれども、先週1週間はなんとだらけてしまったことか。

熱で寝ている時に、アンジーがベッドに来てくれたよ。
誰かがベッドの上を歩く、ブランケットが沈む感じがした。たぶん、アンジー。
(じゃなかったら怖い)
毎日寒くて。
寒波は去り、寒さの山場は超えた様だけど、
猫肌が恋しい。

寝る時、湯たんぽを足の方に置くと、Angieがその上によく座ってたっけ。
冬はいつも私の左側で腕枕して寝てたっけ。
そんなことを感触や匂いとともに思い出すと、どうしても涙が出てしまう。

Angieが亡くなってから、一番早くまた猫を飼いたいと言い出したのは私だった。
だんなやJ.C.は、まだAngieが忘れられないから・・としばらく言っていたけど、最近、彼らも少しずつ猫肌が恋しくなっている模様。

でも、決めたんだ。
ちゃんと1周忌をしてあげて、それから新しい猫を迎えようと。
旅行で家を空ける予定もあるし、もう少し気持ちが癒えてから。

と言いながら、SPCA(動物虐待防止協会)のウェブサイトを覗いたりして。
SPCAは市や地区ごとにあって、管轄内の保護動物を世話をしたり、動物に新しい家族を見つけてあげたりする施設。
カナダには日本のような血統書付きの犬猫を売るペットショップはない。
ペットショップはペットの餌、ケアグッズ、大きなところでは鳥、爬虫類、観賞魚を売っていて、犬猫も売られていることがあるけれども、ほとんどが雑種。売るというよりも里親探し。

血統書のついたような犬猫は、ブリーダーから直接買うことが多いようだ。

SPCAにいる動物も、決してただではない。
お値段は、こんな感じ。

Adoption Prices:

Adult dogs:$325Chinchillas:$78
Puppies:$425Ferrets:$95
Adult cats:$175Guinea Pigs:$21
Kittens:$195Rodents:$11
Rabbits: (unaltered)$35Large birds:Prices vary
でもこれには、半年の保険、予防接種、避妊費用、マイクロチップ代などなどが含まれている。
Angieの時は別の市のSPCAだったが、里親がきちんとした人かどうか(虐待など防ぐため)見極める面談もあった。

去年日本に帰った時、ペットショップの30万円も40万円もする犬猫たちがこの先どうなるのか・・と考えたら怖くなった。
小さいうちはかわいいけれど、値段が高い→売れなければどんどん大きくなる→さらに売れなくなる・・・
と、結局は処分されてしまう場合もあると聞いた。
人間の為に生まれてきたんじゃないのにね。

Angieの時もピピっと来るものがあったなあ。
本当は違う猫を選んでいたのに、面談していた部屋にいたAngieを見てだんなも私も「この子だ!」と思ったんだった。
そんな風にまた、SPCAからかわいい猫を、いつか連れて帰る♪


こんな風によく陽だまりで寝ていたっけ・・・

<< 次のページ  │HOME│   

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
designed by Himawari-you * phot by Art-Flash
忍者ブログ [PR]