忍者ブログ
カナダのオンタリオ州ハミルトン市よりお届けしています
| Admin | Write | Res |
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Profile
HN:
Yoshie
性別:
女性
職業:
ヴィンテージ雑貨店店主
趣味:
ヴィンテージ雑貨収集、アンティーキング、ガーデニング
自己紹介:
カナダのオンタリオ州ハミルトン在住。
だんな(夫・カナダ人)とJ.C.(息子 15歳)とAngie(猫 16歳)と暮らす。

アンティークやコレクティブルズについては、ショップブログに記事を書いています。

ご質問やお問い合わせはこちら
Comments
[10/06 偽物 萬富]
[09/14 けいちゃん]
[07/25 慶ちゃん]
[07/14 けいちゃん]
[06/28 けいちゃん]
[05/10 けいちゃん]
[04/08 けいちゃん]
[03/30 けいちゃん]
[03/29 けいちゃん]
[03/10 けいちゃん]
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
昨日、朝っぱらから電話のベルが鳴り、誰かと思ったらDHL。
「今日配達に行くので、もし不在ならなんとかかんとか・・・」
という自動のメッセージ。
荷物番号を言っていたけれども、配達が何時になるかもわからないし、だいたいDHLが来るのは夕方が多いから大丈夫だろうと、何もせずに放っておいた。

夕方、知らないおばさんが家にやって来た。
「これ、間違ってうちにデリバリーされたの」
と、持って来てくれたのが、我が家に届くはずの荷物。
だんなが応対してくれて、
「家はどこですか?」
って聞いたら、一番近い交差点の名前を言ってくれたのだけど、この近所でも、1ブロック先でもない、2km以上も離れたところ。

同じ通りで番地違いとかならわかるけれど、一体どうして?

事なきを得たので何もしてないけれど、もし間違って受け取った人が自分のものではないと処分してしまったりしたら、どうなるのだろうね。
一応、サインが必要な届けものだったのに、サインは一体・・・?

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
(°_°)
なんだか、随分なことするんだねDHL〜会社でよく使うんだけどさ〜
しかし届けてくれた人もスゴイ!良い人でよかったね。
よく考えたら、黒いネコさんや飛脚さんなんかのサービスって素晴らしいんだね〜届いて当たり前に思ってるけどさ〜
そういえば、ハワイで飛脚さんに頼んだことがあって、日本と同じ制服の人が荷物取りに来て面白かったな
けいちゃん 2015/03/19(Thu)20:12:53 編集
Re:(°_°)
けいちゃん

実は、日本のAmazonから私が頼んだ本だったんだけど、未だに配達状況は未着のまま。
無事に届いたのでこうして平気でいられるけれど、大変なことだよねぇ・・。
日本のような当たり前のサービス、こっちでは全く期待できないよ。

Yoshie
【2015/03/22 08:17】
designed by Himawari-you * phot by Art-Flash
忍者ブログ [PR]