忍者ブログ
カナダのオンタリオ州ハミルトン市よりお届けしています
| Admin | Write | Res |
Calender
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Profile
HN:
Yoshie
性別:
女性
職業:
ヴィンテージ雑貨店店主
趣味:
ヴィンテージ雑貨収集、アンティーキング、ガーデニング
自己紹介:
カナダのオンタリオ州ハミルトン在住。
だんな(夫・カナダ人)とJ.C.(息子 15歳)とAngie(猫 16歳)と暮らす。

アンティークやコレクティブルズについては、ショップブログに記事を書いています。

ご質問やお問い合わせはこちら
Comments
[03/02 けいちゃん]
[02/10 けいちゃん]
[01/30 けいちゃん]
[01/11 慶ちゃん]
[01/03 けいちゃん]
[12/12 慶ちゃん]
[11/17 けいちゃん]
[10/31 慶ちゃん]
[09/14 けいちゃん]
[07/25 慶ちゃん]
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
毎日寒くて。
寒波は去り、寒さの山場は超えた様だけど、
猫肌が恋しい。

寝る時、湯たんぽを足の方に置くと、Angieがその上によく座ってたっけ。
冬はいつも私の左側で腕枕して寝てたっけ。
そんなことを感触や匂いとともに思い出すと、どうしても涙が出てしまう。

Angieが亡くなってから、一番早くまた猫を飼いたいと言い出したのは私だった。
だんなやJ.C.は、まだAngieが忘れられないから・・としばらく言っていたけど、最近、彼らも少しずつ猫肌が恋しくなっている模様。

でも、決めたんだ。
ちゃんと1周忌をしてあげて、それから新しい猫を迎えようと。
旅行で家を空ける予定もあるし、もう少し気持ちが癒えてから。

と言いながら、SPCA(動物虐待防止協会)のウェブサイトを覗いたりして。
SPCAは市や地区ごとにあって、管轄内の保護動物を世話をしたり、動物に新しい家族を見つけてあげたりする施設。
カナダには日本のような血統書付きの犬猫を売るペットショップはない。
ペットショップはペットの餌、ケアグッズ、大きなところでは鳥、爬虫類、観賞魚を売っていて、犬猫も売られていることがあるけれども、ほとんどが雑種。売るというよりも里親探し。

血統書のついたような犬猫は、ブリーダーから直接買うことが多いようだ。

SPCAにいる動物も、決してただではない。
お値段は、こんな感じ。

Adoption Prices:

Adult dogs:$325Chinchillas:$78
Puppies:$425Ferrets:$95
Adult cats:$175Guinea Pigs:$21
Kittens:$195Rodents:$11
Rabbits: (unaltered)$35Large birds:Prices vary
でもこれには、半年の保険、予防接種、避妊費用、マイクロチップ代などなどが含まれている。
Angieの時は別の市のSPCAだったが、里親がきちんとした人かどうか(虐待など防ぐため)見極める面談もあった。

去年日本に帰った時、ペットショップの30万円も40万円もする犬猫たちがこの先どうなるのか・・と考えたら怖くなった。
小さいうちはかわいいけれど、値段が高い→売れなければどんどん大きくなる→さらに売れなくなる・・・
と、結局は処分されてしまう場合もあると聞いた。
人間の為に生まれてきたんじゃないのにね。

Angieの時もピピっと来るものがあったなあ。
本当は違う猫を選んでいたのに、面談していた部屋にいたAngieを見てだんなも私も「この子だ!」と思ったんだった。
そんな風にまた、SPCAからかわいい猫を、いつか連れて帰る♪


こんな風によく陽だまりで寝ていたっけ・・・

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
designed by Himawari-you * phot by Art-Flash
忍者ブログ [PR]